Month: 4月 2015

目ヂカラがアップするまつげエクステのメリットと注意しなければならない扱い

 - by 日村 ツトム

私は今までつけまつげをつけていましたが、20代後半になってナチュラルメイクの方が年相応のメイクだと思い、長さが出せてつけまつげよりも自然に見えるまつげエクステをつけ始めました。

私はそれまで自分のまつげが人よりも短くてボリュームがないことをコンプレックスに思っていたので、まつげエクステはそのコンプレックスを解消してくれるメリットのあるものだと思いました。

まつげエクステはつけまつげと違い、スッピンになってもまつげが短くならないところが気に入っています。

私は目が小さくて目ヂカラがない方なのですが、そんな私でもまつげエクステをしていると目ヂカラが少しアップして、写真を撮った時も目がパッチリして見える気がします。

まつげエクステを初めてつけた時は周りからの評判も良く、嬉しかったのを覚えています。

まつげエクステをしていて大変なことは、定期的につけ直しにいかなければいけないことと、普段の生活です。

私はまつげエクステをつける前までは、目がゴロゴロした時には目をこすってしまっていました。

しかしまつ毛エクステは地まつげより弱く取れやすいものなので、まつげエクステをしている時には目をこすらないように注意しなければなりません。

私が目をこすってしまうのは無意識でしていることでもあったので、慣れるまでは大変な思いをしました。

目をこするのは良くないことなので、今ではまつげエクステをつけたことがきっかけで悪い癖を直すことができ、嬉しく思っています。

また、まつげエクステは慎重に扱っていても時間が経てば徐々に取れてきてしまうものです。

半分くらい取れてしまうとかなり見た目が不自然になってしまうので、長もちさせるためには扱いに気をつけなければならないと実感しました。

今は自分のまつげエクステのもちがどのくらいであるかがわかったので、丁度良いタイミングで付け替えに行っています。沖縄マツエク美容室は技術面もよさそうなので今度行ってみようと思っています。

綺麗な状態を維持できればまつげエクステはつけていて良いものですし、メイクが映えるので私はこれからもまつげエクステをつけ続けたいと思っています。