Month: 9月 2015

素材にこだわって作られた純黒糖とは?

 - by 日村 ツトム

沖縄といえば黒糖が有名ですが、一般的にスーパーで売られている安い黒糖と純黒糖の違いって知っていますか?黒糖というのはサトウキビを原料に作られているお砂糖なのですが、お料理の隠し味として使うと料理が美味しくなると言われています。黒糖の作り方は、サトウキビの茎から取った絞り汁を加熱して水分が蒸発して濃縮したものを冷まして固めます。自然の甘みを使うので、通常使われている砂糖の甘みとは違い体に優しい甘さです。加工されてある黒糖というのもありますが、それは黒糖にほかに砂糖や蜜などを加えてあったり、ザラメに糖蜜を混ぜた再製糖を指します。この加工された黒糖というのが、私たちが一般的に使う黒糖でスーパーなどで普通に販売されています。黒糖にお砂糖を加えて作るので量も多く作れる為、比較的安く取り扱われています。そんな黒糖の中で普段あまりお目に掛からないのが、「純黒糖」です。一般的にスーパーでも見かける加工黒糖でも黒糖でもない、全く他に手を加えていない黒糖100%というこだわりの一品です。黒糖の原料として使われているサトウキビですが、純黒糖はサトウキビのみで作られています。他の黒糖は砂糖や蜜が加えられているので、純黒糖と味を比較すれば味の違いがよく分かるかと思います。加工黒糖と純ではない黒糖は他のお砂糖や蜜で、サトウキビ以外の余計な雑味が目立ちます。100%サトウキビで作られている黒糖とは違って、甘ったるさが気になるという感じです。黒糖が有名な沖縄県でさえ、黒糖はほとんど加工黒糖が販売されている程貴重なものです。しかし、純黒糖には沖縄県黒砂糖協同組合公認のマークが使われていますから、沖縄県にご旅行に行かれた際には探してみるといいと思います。純黒糖は普段はなかなか見かけないかと思いますが、購入する際にはインターネットで販売していたりします。価格が比較出来たり、こだわりの製造方法なども知れるのでネットでの購入には数々のメリットがあります。沖縄県には純黒糖のみを取り扱い販売している専門店もありますから、興味のある方はネットで購入されるのもいいのではないでしょうか。純黒糖のみを専門として取り扱っているお店では、通常収穫出来る期間が決まっているサトウキビも一年通して収穫出来るようにサイクルを変えています。明らかに味は天然の素材のみを使っている純黒糖の方が美味しいです。やはり料理に使う隠し味としては、純黒糖を使った方が健康的で美味しい料理が作れるかと思います。料理に使われたい方は純黒糖を購入される方がおすすめですよ。

CMで話題沸騰!フライボードって何?

 - by 日村 ツトム

CMでそのダイナミックかつカッコいい姿が良い!と話題に火がついたフライボード。

フライボードは2012年にフランスのマルセイユで開発されたマリンスポーツです。

世界28ヶ国で同時に展開されました。

水上バイクのノズル部分にホースが接続されており、そこから水を勢い良く噴射して空中に浮き上がる事が出来ます。

ホースが巻き付くような心配もなく、水面から最高で14m程の高さまで浮き上がります。

フライボードは開発されてからわずか1年半で世界中で話題になりました。

日本ではGoogleのフライボードを使ったダイナミックなCMで話題になっています。

2013年の夏にこのCMが放送されたのですが、その翌年には約2万人の方がフライボードの為に沖縄に押し寄せたそうです。

まだ開発されてからさほど時間は経っていませんが、もう全国的に人気のマリンスポーツの一つです。

初心者でも安心

様々なマリンスポーツが楽しめる沖縄であれば、夏だけではなく一年中沖縄フライボードが楽しむ事が出来ます。

見た目は噴水の上に立ち上がっているような感じで、バランス感覚がなければ難しそうで危険なイメージを持たれる方も居ます。

ですが、沖縄でフライボードを体験しようと考えている方は安心して体験出来ます。

ワールドカップに出場経験があったり、様々なCMに出演しているような日本の中ではNo.1の技術を持つインストラクターが居るからです。

例えマリンスポーツは全く未経験な人であっても、インストラクターがサポートしてくれますから安心して体験する事が可能です。

料金は?

では、フライボードを体験しようと思うと気になるのは料金面ですよね。

相場としては20~30分程の体験で8千円前後になります。

他にも自分で準備しなければならない物はないか、レンタルは可能かを調べておく必要があります。

買わなくても大丈夫な場合は、借りた方が料金面は安く済む可能性もあります。

他に必要になる価格等を合わせると、一人あたり1万円程が妥当でしょう。

他にもマリンスポーツを楽しみたいという方には、他のマリンスポーツとフライボードがセットになっているツアーもやっていたりしますから、調べておくのも良いでしょう。

参加が出来る期間や、料金、持参しなくてはならない物等、事前に調べておいて確認しておくと慌てる必要もないです。

実施されている期間が限定されている場合もあるので、予約したい時が実施期間かどうかもチェックしておきましょう。