アンチエイジングの基礎化粧品

 - by 日村 ツトム

30代、40代になると、シミやシワが気になり出し、老化を食い止めたいと思うようになりますね。

そして「アンチエイジング」という言葉が頭をよぎるのではないでしょうか。

そこで、30代、40代にお勧めのアンチエイジング効果の高い基礎化粧品の種類をご紹介します。

プラセンタエキス入りの基礎化粧品

プラセンタとは胎盤という意味で、人や馬、豚などの胎盤から抽出された成分で、プラセンタエキス入りの基礎化粧品では牛や豚由来のものが多いそうです。

胎盤にはタンパク質や脂肪、糖質、ミネラル、ビタミン、核酸、酵素、そして細胞の新陳代謝を促す成長因子など、赤ちゃんを成長させる為に様々な栄養成分が豊富に含まれており、プラセンタエキス入りの売れてる基礎化粧品にはシミやくすみの原因となるメラニンが作られるのを防いだり、血行改善、老化の原因になりうる活性酸素の除去などが期待できます。

レチノール入り基礎化粧品

こちらはお肌のたるみが気になる方にお勧めです。

たるみは肌のコラーゲンが減少してハリが失われた状態のことです。

レチノールはビタミンAの一種で人間の血液中のビタミンAはほぼ100%レチノールであり、レチノールはコラーゲンの合成を助ける働きをするため、たるみ対策に効果的です。

また、私達の肌は28日周期で古い肌から新しい肌となるサイクルがあるのですが、加齢などによりこのサイクルが乱れてしまうとうまく新陳代謝が行われず、シミやシワを引き起こしやすくなります。

それに対してレチノールはこの肌のサイクルを正常化しようと促す働きがあるので、シミやシワを防ぐ効果が期待できます。

アスタキサンチン入り基礎化粧品

アスタキサンチンとはカロチノイドの一種で赤色をしています。

アスタキサンチンには老化の原因になりうる活性酸素の発生を防ぐ抗酸化作用があります。

しかもその力は同じく抗酸化作用を持つビタミンEの500~1000倍、カロテンの約100倍ともいわれ、強い抗酸化作用を持っていることがわかります。

また、アスタキサンチンにはシミやくすみの原因となるメラニンの生成の抑制効果や、コラーゲンの生成を助けるため保湿効果もあります。

一言でアンチエイジングと言っても、成分により異なる効果が期待できることがわかりました。

それぞれのお肌の悩みによってどの成分入りの基礎化粧品を使い分けてできるだけ肌の老化の速度を落とし、日々楽しく過ごして若々しくいることが大切ですね。